トップ効率よく入力するコツ

効率よく入力するコツ

 ブログやホームページの記事を書くときは、かなりの部分で音声認識
 を活用しています。慣れてくると普通の手入力よりかなり楽に入力で
 きるので。

 入力速度は手入力をかなり訓練していたので、大きくは変わらないの
 ですが、文字数が多くなると手が疲れてきて遅れるようになります。

 それと音声認識の場合は、音声で入力した特定の部分を削除したり、
 特定の文字に移動したり、画面をスクロールするなど、マウス操作で
 行う部分についても簡単に操作できます。

 本当に慣れてくると、単なる手入力のときにマウス操作がわずらわし
 くなってきます。

 今回は、今までWindows7の音声認識を使いこなしてきて、少しずつ
 掴んできた入力のコツについて、少しまとめてみました。

 わずかな部分ですが、そのコツを良く知って入力するならば、かなり
 効率が違ってきますので、参考にしていただけたらと思います。

1)間違いが出にくい読み方をする

 ある文を音声入力するときに、抑揚のない棒読みに近い状態で読み上
 げると、誤入力が発生しやすいです。

 誤入力を限りなく減らすためには、文の読み上げ方に少しコツがあり
 ます。

 ①「少ない文字や単語単位」では入力しないようにする。
  「意味のある固まりごと」を一つの入力単位とする。

 ②「意味のある固まりごと」に抑揚つけて読み上げ、次の固まりへ移
  るときに「一瞬の間」をおいてから、次を開始する。翻訳の正しい
  単位を、一瞬の間で教えてあげるという意味。

  ⇒これでかなり翻訳精度が変わってきます

 

2)1行改行したい場合

 「改行」 ⇒ 「エンター

 ・「改行」とコマンド命令を出したときに、1行改行されるのではなく、
  ”改行”と翻訳されて文字入力となることがある。

 ・これを避けるため、「エンター(Enter)」と読み上げたときは、確実に
  Enterキーをたたいたときと同じく、改行されることになる。

3)ある部分を削除したい場合

 ドラッグして対象部分を反転表示、そして

 「削除」 ⇒ 「デリート

 ・「削除」と命令しても対象部分が削除できるが、タイミングによって
  ”削除”と翻訳されて文字入力されるときがあるため、こちらもキー
  操作のコマンドで「デリート(Del)」と命令した場合は、確実に削除さ
  れることになる。(”デル”だけではダメでした)

4)前に入力した部分をひと言で削除したい場合

 これはコツでも何でもなくて、最初から用意されているコマンドです。
  ⇒「それを削除

 このひと言で前の入力した部分が、全て削除できます。

5)入力時、便利な移動コマンド

 「Home」  ホーム
 「End」   エンド
 「Tab」   タブ
 「Del」   デリート
 「BackSpace」 バックスペース
 「Enter」  エンター
 「上にスクロール
 「下にスクロール
 「左にスクロール
 「右にスクロール
 「新しい段落」  (2行改行されます)

  移動したい単語を言ってから「○○へ移動」と言う。

 ■関連の記事:
  ・音声入力の効率を最大にする方法
  ・認識率を上げるための工夫

 ■人気ランキング:ベスト3
  1位: 無料フリー音声認識ソフト
  2位: ICレコーダーから文字化実験
  3位: 音声認識ソフト
 

a:9091 t:1 y:0