トップ >AmiVoice/Windows7音声認識性能評価結果

AmiVoice/Windows7音声認識性能評価結果(2012年7月)

まとめ

AmiVoice:

  • 翻訳精度が順調に上がる(学習効果が大)
  • 変換速度が速い

Windows7音声認識:

  • 音声認識でOSのコマンドが操作できる(操作用コマンドが多い)
  • プリインストールソフトなので無料

結論:
 結局、入力速度と翻訳精度が一番重要な機能なので AmiVoice に軍配

 とはいえ、文章の編集やソフトのコントロールコマンドなど、ほとんどのコンピューター
 コマンドの操作が可能な Windows7 の操作性も大きな魅力で、つい使ってしまうという
 のが現状。

 以下、約2ヶ月使ってきて感じたことの詳細について、下記に記述します。

 

AmiVoice

良いところ:
・学習させることにより、どんどん翻訳精度が向上する。
・学習させる方式は、ひらがな文字入力のため、声の調子の影響を受けにくい。
・一旦学習させたものの変換精度は、Windows7より高い。
・変換速度が速い。(Windows7より30%程度は早く入力できる印象)

・同じ単語に対して複数の読みを登録できる
・ジャンルに応じて辞書が4種類選べる
   ブログ日記・メール辞書
   しゃべりことば辞書
   書き言葉辞書
   政治経済辞書
・音声データファイルからの文字化が可能
   AmiVoice Editorに音声ファイルをドラッグ&ドロップすると
   音声を文字化することができる
・ユーザーを複数登録し、辞書などを切換えて使うことができる

欠点:
・OSのコマンドが操作できない
・学習機能は全て手入力なので、多少面倒である
・音声入力と単語学習が同時にできない
・有料である

Windows7音声認識

良いところ:
・フリーでついてくるソフトなので無料
・OSのコマンド等も音声認識で入力可能
・音声で学習させるため、手入力が少なく楽である
・使えるコマンドがとにかく豊富(コンピュータのほとんどの操作が可能=強力です!

欠点:
・学習させても確実に再現とはならない(これが最悪)
・学習させた辞書が他の人と共有できない
・入力スピードが遅い

■人気ランキング:ベスト6
  1位: ICレコーダーから文字化実験    4位: ICレコーダーから文章を生成
  2位: 無料フリー音声認識ソフト   5位: 4つの音声認識ソフト比較
  3位: 音声認識ソフト        6位: Voice Rep Pro 新ソフト
 

a:4552 t:1 y:4