トップ >編集で音声認識ソフト併用の利点

編集で音声認識ソフト併用の利点

 ここ最近は Windows7 にプリインストールされている音声認識だけ
 を使っています。

 記事の入力のときだけでなく編集のときも、Windows7音声認識を使
 っています。

 ほとんどの Windows7 コマンドを、声だけで操作できるので。

 記事の入力は音声認識でどんどん入れていくのですが、以前作って
 いた記事を編集するときも、キーボードと音声認識を併用すると、
 すごく効率が良いからです。

キーボードと音声認識の併用

 今まで記事を編集したりするときも、キーボードとマウスを併用し
 てきました。文章の入力をキーボードから行い、修正したりカット
 &ペーストを行ったりするときは、マウスを使ってきました。

 しかしキーボードの上に置いた右手を、一旦移動させてマウスの上
 に持って行き編集操作をやるということは、動作に無駄があり結構
 不便だと感じるようになったのです。

 これは、音声認識を使うようになってから、感じるようになりまし
 た。

 キーボードと音声認識の併用の場合、両手は常にキーボードの上に
 置いておくことができるからです。いろいろな編集動作は全て音声
 でできるので。

 つまり音声認識を併用すると、
 「右手をマウスに移動。編集操作。そしてまた戻す」という動作を、
 極限まで減らすことができる
 からです。

 

マウスと音声認識の併用

 また、もう一つの便利な使い方があります。
 マウスと音声認識の併用です。

 マウスでは対象を選択するだけ。「切り取り」「コピー」「貼り付
 け」「削除」「スクロール」「行の指定」・・などは、全て音声で
 操作するというやり方です。

 「保存」「上書き保存」、新しいファイルを開くなども音声で行っ
 ています。

 いずれにしろ音声認識を併用すると、
 入力や編集作業がものすごく効率よくできる
 ようになるということです。

 Windows7 プリインストールされた音声認識は、OSが Windows7な
 ら、すぐに、無料で、利用することができます。
 「無料です!

 使わない手はないと思いますが!

■人気ランキング:ベスト6
  1位: ICレコーダーから文字化実験    4位: ICレコーダーから文章を生成
  2位: 無料フリー音声認識ソフト   5位: 4つの音声認識ソフト比較
  3位: 音声認識ソフト        6位: Voice Rep Pro 新ソフト
 

a:3132 t:1 y:0