トップ音声入力の効率を最大にする方法

音声入力の効率を最大にする方法

 Windows7の音声認識には音声辞書登録の機能があり、そこへ新しい
 単語をどんどん登録していくことができます。

 ・「音声辞書を開く」→「新しい単語を登録する」 という手順

 音声認識を使って文章を入力する際、この単語登録機能をフル活用
 ることにより、大幅な効率アップを図ることができます

 ややこしい文字列を 1文字1文字入力していくのはとても大変です。

 いつもよく使う文字列ならば、あらかじめそれを単語登録しておくこ
 とが大事です。登録しておくことにより、入力作業を非常にスムーズ
 に行うことができるからです。

登録の例

 例えば、私は文章を入力するとき、1行の基本文字数を32文字にする
 ようにしています。

 そのため文章の入力を始めるときは、あらかじめ次のような32文字の
 文字別を入力します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 これを何も登録していない状態で入力する場合、32回「ー」キーを押
 すことになります。

 しかし私は、これを事前に「もじらいん」として登録してあります。

 そのため口で1回だけ「もじらいん」と言えば、すぐに
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 が入力されることになります。

 口頭で一言いえば、キーボードを32回叩いたことになります。
 ずいぶん効率アップしている ことになりますよね。

 

もう一つの例

 また別の例ですが、私の使っているホームページ作成用ソフトは、
 特殊な記号を使うようになっています。

 「** &deco(navy){◆};」や 「&br;」など。(「」は除く)

 これを 1文字ずつキーを叩いて入力する場合は、とても大変です。
 なので当然これらも、一言で入力することができるよう登録してあ
 ります。

 ■登録の内容 :
  ** &deco(navy){◆}; → でこなび
  &br;          → あんどびー

 また蛇足になりますが、英語でメールを書くときにこの機能を使うと、
 「返信ありがとう」と言ったら、「Thank you for your reply.」と
 入力することもできるようになります。

&deco(navy){注意点};

 このように辞書登録機能を利用すると、いろいろな複雑な文字列を
 とても簡単に入力することができるようになります。ですが、ここ
 で登録するにあたり、一つだけ注意が必要です。

 それは、その読み方を登録するときに、少しくらい長くてもかまわな
 いので、できるだけ普段は使わないような読み方で登録するというこ
 とです。

 もしも、普段使うような読み方で登録してしまうと、本来の読み方で
 入力したときに、その登録しておいた別の文字列が入力されてしまう
 ことになるからです。

まとめ

 以上、いつもよく使ういろいろな文字や文字列、記号などをできるだ
 け多く登録しておくことにより、音声認識の機能を最大限に活用して
 いくことができます。

 音声認識でこの辞書登録機能をうまく使うことは、効率の良い入力
 作業をするためには本当に 欠かすことができません

 よく使う単語や文章などをしっかり登録して、十分にこの機能を活用
 していきましょう。

 また、普段から音声認識の機能をよく研究しておくということも、
 とても大事なことだなと、今更ながら感じさせられています。

 ■関連の記事:
  ・効率よく入力するコツ
  ・編集で音声認識併用の利点
  ・認識率を上げるための工夫
  ・無料フリー音声認識ソフト
 

a:2968 t:3 y:2