トップ >8ヶ月半後 Ami Voice の実力を確認

8ヶ月半後 Ami Voice の実力を確認

 以前、音声認識の精度を確認するために使った文章を使い、
 最近のAmiVoiceの音声認識、実力確認テストをやってみました。

 目的は、そのとき以来いろいろと単語登録をしてきたので、その学習
 効果が上がっているのかを確認することです。

オリジナルの文章

 以前、ネイティブに話しかけられた時のこと。日常会話ではいつも
 必死に聞き取ろうと集中。頭の中は高速で英語を日本語に翻訳。
 しかし追いつけず聞き逃し発生。結局自信のない60%理解という状態。

 (95文字)

前回の結果

 ◇以前の結果は下記の通りで、誤変換が4箇所。
  点数をつけると75~80点というレベルでした。
 
 変換結果:
 以前、ネイティブに話しかけられたのこと、日常会話ではいつも
 記事しとこうと集中。 頭の中は高速で英語を日本語に翻訳。
 しかし追いつけず昨日足発生。結局自信のない60%理解という状態。

 (誤変換:4箇所)

 

今回の結果

 マイクから直接変換:
 ◇誤変換はなし。点数では98点。
  しかし漢字とひらがなの変換、句読点が一部異なった。

 1回目変換結果:
 以前、ネイティブに話しかけられた時の。日常会話ではいつも
 必死に聞き取ろうと集中。頭の中は高速で英語を日本語に翻訳。
 しかし追いつけず聞き逃し発生。結局自信のない60%理解という状態。

 (誤変換:0箇所) 「こと」が「事」に。

 2回目変換結果:
 以前、ネイティブに話しかけられた時のこと。日常会話ではいつも
 必死に聞き取ろうと集中。頭の中は高速で英語を日本語に翻訳。
 しかし追いつけず聞き逃し発生。結局自信のない60%理解という状態。 

 (誤変換:0箇所) 「頭の中は」が「頭の中は、」に。

 ICレコーダーから変換:
 ◇結果は、あと一歩。
  点数でいうと90点というところか。

 変換結果:
 以前、ネイティブに話しかけられた時の。日常会話ではいつも
 必死に聞き取と集中。頭の中は高速で英語を日本語に翻訳。
 しかし追いつず聞き逃し発生。結局自信のない60%理解という状態。

 (誤変換:2箇所)

 ★文章が短く、テストだということで、それなりにはっきり歯切れよく
  声を出して録音したため、結構良い変換結果になったと思っています。

■人気ランキング:ベスト6
  1位: ICレコーダーから文字化実験    4位: ICレコーダーから文章を生成
  2位: 無料フリー音声認識ソフト   5位: 4つの音声認識ソフト比較
  3位: 音声認識ソフト        6位: Voice Rep Pro 新ソフト
 

a:3061 t:1 y:1