トップICレコーダー|再生音声から音声認識で文字変換テスト

ICレコーダー|再生音声から音声認識で文字変換テスト

前回に続き、課題文を読み上げてICレコーダーに録音し、その再生音声より音声認識して文字に変換するテストを行いました。

今回は、ICレコーダーのスピーカーとマイクの距離を何段階かに変えてみながら、音声認識の結果を比較してみました。

結論からいうと、
認識精度はスピーカーからマイクまでの距離が2~3cmのときが、わずかな差ですが誤変換が少なかったようです。

この距離を2~6cmまで変化させて認識テストを行ったのですが、距離を少しずつ変えることで変換結果も微妙に変わっていることがわかりました。

はっきり誤変換とわかる部分がありますが、どちらかというと、わたしの課題文の読みあげ方の問題のような気もしています。

読み上げ方をもう少しはきはきさせ、区切る部分の瞬間休止などを工夫すれば、さらに変換精度が上がっていくと感じています。

(マイクへの音量は再生ボリュームによりますが、今回は中間のレベルにセットしています)

使用した機材

音声認識ソフト:Windows音声認識
ICレコーダー:SONY ステレオICレコーダー UX523

IC Recorder

SONY ステレオICレコーダー UX523 4GB シルバー ICD-UX523/S

 
 

 

ICレコーダーとマイクのセッティング

テーブルの上にヘッドフォンマイク(低コスト品)を置き、ICレコーダーを横置きにして、そのスピーカーをマイクに向けています。下記、実際の写真になります。

mic & speaker

そして、スピーカーからマイクまでの距離を、2cm/3cm/4cm/6cmと変えて、文字変換テストをしてみました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【課題文】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
皆さんは、外国に旅行するとき、看板や交通標識、掲示などには注意を払っていますか。
ちょっと注意して見ると、街中にはいろいろな看板や掲示があることに気づかれるでしょう。

交通標識のように安全な生活を守るために法規を順守させるもの、危険を避けるために
設けられたもの、広告として人目を引くようにつくられたものなどなど。

こうした標識や看板でつかわれている行為や表現を使って「生活英語」に慣れ、パンチの
効いた表現を覚えていきましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スピーカーとマイクの距離:2cm

皆さんは、外国に旅行するとき、看板や交通標識、掲示などには注意を払っていますか。
ちょっと注意して見ると、80にはいろいろな看板や胎児があることに気付かれるでしょう。

交通標識のように安全な生活を守るために放棄を順守させるもの、危険を避けるために
設けられたもの、広告として人目を引くようにつくられたものなどなど。

こうした標識や看板でつかわれている行為や表現を使って「生活英語」に慣れ、パンチの
いた表現を覚えていきましょう。

■誤変換箇所 :箇所
■停止音による:箇所

スピーカーとマイクの距離:3cm

皆さんは、外国に旅行するとき、看板や交通標識、掲示などには注意を払っていますか。
ちょっと注意して見ると、80にはいろいろな看板や刑事があることに気付かれるでしょう。

交通標識のように安全な生活を守るために放棄を順守させるもの、危険を避けるために
設けられたもの、広告として人目を引くようにつくられたものなどなど。

こうした標識や看板でつかわれている行為や表現を使って「生活英語」に慣れ、パンチの
いた表現を覚えていきましょう。

■誤変換箇所 :箇所
■停止音による:箇所
 

 

スピーカーとマイクの距離:4cm

皆さんは、外国に旅行するとき、看板や交通標識、掲示などには注意を払っていますか。
ちょっと注意して見ると、80にはいろいろな看板や刑事があることに気付かれるでしょう。

交通標識のように安全な生活を守るために起きを順守させるもの、危険を避けるために
設けられたもの、広告として人目を引くようにつくられたものなどなど。

こうした標識や看板でつかわれ行為や表現を使って「生活英子」に慣れ、パンチの
いた表現を覚えていきましょう。

■誤変換箇所 :箇所
■停止音による:箇所

スピーカーとマイクの距離:6cm

皆さんは、外国に旅行するとき、看板や交通標識、掲示などには注意を払っていますか。
ちょっと注意して見ると、80にはいろいろな看板や刑事があることに気付かれるでしょう。

交通標識のように安全な生活を守るために起きを順守させるもの、危険を避けるために
設けられたもの、広告として人目を引くようにつくられたものなどなど。

こうした標識や看板でつかわれ行為や表現を使って「さえ拡散傾向」に慣れ、パンチの
いた表現を覚えていきましょう。

■誤変換箇所 :箇所
■停止音による:箇所
 
前:ICレコーダー|mp3音声から音声認識でテキスト変換


a:402 t:1 y:0