トップPC内臓マイクと外付マイクの変換精度差を比較

PC内臓マイクと外付マイクの変換精度差を比較

音声認識のやり方は様々ですが、変換ソフト以外ではとりわけマイクが重要な部分を占めます。

今回は外部マイクとコンピューター内蔵マイクとの性能の違いを確認してみました。いつも音声認識を使って文章を入力するときは、外部マイクを接続してからWindows音声認識を立ち上げて、文章を読み上げ文字入力していきます。

ほんのわずかなことですが、音声認識するときにマイクを着脱するということが面倒なため、パソコンの内蔵マイクで精度良く変換することができるなら、面倒な作業を一つ減らすことができるようになります。

ここ最近は、充電の必要性がない外付け低コストマイクを多用しています。以前、内臓マイクで音声認識のテストを行った際は、誤変換が多くてすぐに検討を断念したのでした。

しかし何事も、使うときの条件を上手にセッティングすると、格段に状況が改善して可能性が大幅にアップすることも多々あり、今回は少しだけその条件を変えてみて、その可能性を評価してみたということです。

実験方法:

いつも使っている課題文は使わずに、このページの最初部分にある第2節、第3節の6行強の部分を実験の課題文にしてみました。

そして比較のための基準(ベンチマーク)は、いつものセッティングで、「Windows音声認識+外付低コストマイク」による音声認識です。

低コストヘッドホン

また、今回の実験用セッティングとしては、
①15cmの距離から直接、内臓マイクに向かって発声、音声認識
②プラボトル集音器を使って、マイクに向かって発声、音声認識
 (繰り返し数:3回
として、評価をしてみました。

プラボトル集音器

以下に、それぞれの認識結果の文をそのまま、一切編集なしで掲載しています。つまり、音声認識で変換されたとおりの文章となっています。

結構期待はしていたのですが、やはり、結果は一目瞭然でした!

Windows音声認識+外付低コストマイク」の組み合わせは、課題文が簡単な文であることもあって、100%の変換精度、誤変換ゼロという結果でした。

一方、内臓マイクの方は、可能性を感じさせる部分あるがまだまだ誤変換が多くて使えないというレベル。ただし、google検索エンジンで音声入力をした場合は、短いキーワードの入力ですがかなりの変換精度となっているので、まだまだ検討する余地が残っていると思っています。

今後の継続課題として残すことにします。
 

 

実験結果:

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
課題文:
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回は外部マイクとコンピューター内蔵マイクとの性能の違いを確認してみました。
いつも音声認識を使って文書を入力するときは、外部マイクを接続してからWindows音声認識を立ち上げて、文章を読み上げて文字入力していきます。

ほんのわずかなことですが、音声認識するときにマイクを着脱するということが面倒なため、パソコンの内蔵マイクで精度良く変換することができるなら、面倒な作業を一つ減らすことができるようになります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上の文を使って、音声認識文字入力テストを行ってみます。

第1トライは、現在の設定です。

結果は、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆ベンチマーク:
Windows音声認識+外付低コストマイク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回は外部マイクとコンピューター内蔵マイクとの性能の違いを確認してみました。
いつも音声認識を使って文章を入力するときは、外部マイクを接続してからWindows音声認識を立ち上げて、文章を読み上げて文字入力していきます。

ほんのわずかなことですが、音声認識するときにマイクを着脱するということが面倒なため、パソコンの内蔵マイクで精度良く変換することができるなら、面倒な作業を一つ減らすことができるようになります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

続いて、第2トライ
特に小細工はせずに、そのまま内蔵マイクに向かって音声入力。
遠すぎず近すぎないように、マイクから15cmのところから声を少し大きめにして、
同じように読み上げていきます。

その結果は、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆PC内臓マイク:
15cmの距離から声を大きめで読み上げた場合
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回は外部マイクうコンピューター内蔵マイクううむの違いを確認してみました。
いつも音声認識を使って文章を入力するときは、外務は遺訓を接続してからWindows音声い認識を立ち上げ、、文章を読み上げ、文章を入力しています。

ほんのわずかなことですが、音声認識するときにマイクがマイクをはく奪するということが面倒なため、パソコンの内蔵マイクで右翼民間することができなく、面倒な作業を売うぐことができるようになります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして、第3トライです。
声が分散せずに、しっかりマイクに伝わるよう、次のようなプラスチックボトルを
カットした集音器を使って、音声入力してみました。期待もあったので、3回繰り
返して評価しました。

結果は、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆PC内臓マイク:
プラボトル集音器を使用(回目)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回は外部マイクをコンピューター内蔵マイクこのでのの違いを確認してみました。
いつも音声認識を使って文章を入力するときは、外部マイクを接続してからWindows音声認識を書き上げている文章を読み上げて文章入力していきます。

ほんのわずかなことですが、音声認識するときにマイクを着脱るということが面倒なため、パソコンの内蔵マイクで冷遇よく変換することはできるなら、面倒な作業を売う減らすことができるようになります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆PC内臓マイク:
プラボトル集音器を使用(回目)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
のは外部マイクをコンピューター内蔵マイクう握のの違いを確認してみました。
いつも音声認識う合併文章を入力うときは、がうまいう接続してからWindows音声認識の立ち上げて、文章を読み上げ文字入力していきます。

うわずかなことですが、音声認識するときに舞いう着脱るということが面倒なため、パソコンを内蔵マイクで電力変換することができる、面倒な作業をうううううむができるようになります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆PC内臓マイク:
プラボトル集音器を使用(回目)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回は外部マイクをコンピューター内蔵マイクうでのの違いを確認してみました。
いつも音声認識を使う文章を入力するときは、外務マイクを接続してからWindows音声認識を立ち上げて、文章を読み上げ、文字入力していきます。

このわずかなことですが、音声認識するときにマイクを客が積むということが実うため、う本来のマイクで右翼変換することができるなら、面倒な作業を売う寺ことができるようになります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


a:246 t:1 y:2